ショッキングな術後の症状について

術後の症状、ショックロスとは?

自毛植毛手術や麻酔などの影響を受けることで、生えていたところの髪が抜ける現象が起こることがあります。これは一般的にショックロスと呼ばれています。また、医学的に言うと、「術後に発生する一時的な既存毛の抜け毛増加」です。

いささか大げさな俗称が付いていますが、実際抜ける髪の毛は既存毛の10~15%とされています。既存毛が少ない方にとっては大きな減少率かもしれませんが、通常周囲には気付かれない程度の薄毛です。それに全体が抜けるということもありません。

それから、抜け毛が起こる範囲は頭皮全体ではなく自毛を移植した部分と、局所麻酔を打った部分です。場合によってはドナーを縫合した周囲1~2cmほどの範囲が抜けることもあります。なお、ショックロスは男性よりも女性に起こりやすいという特徴が見られます。

ショックロスはいつ起きていつ終わる?

ショックロスは術後すぐに起こるわけではなく、手術から2~4週間経った頃から始まることが多いです。しかし、中には2~4ヵ月後に症状が出る方もいます。そして、回復は前者の場合は4~5ヵ月後、後者の場合は5~6ヶ月後くらいです。

抜け毛の程度も回復の程度も個人差によるものが大きく、同じ方が自毛植毛を行った場合でもそのときによって症状が変わります。いずれにしても抜け毛の増加は一時的で、毛根が傷ついたわけではありません。

このとき抜ける髪は、自然に生え変わるサイクルが1回分先送りされたものだと考えられます。つまり本来4~5年先に生え変わるはずだった髪が抜けたということです。1年も経てば元に戻るのが普通なので、心配しすぎないことが大切です。

ショックロスの原因とは?

ショックロスの原因は、植毛手術で移植したところに起こる炎症反応や局所麻酔のせいだと思われます。頭皮に軽いショックを与えたことで、細胞が生え変わりのサイクルを勘違いしてしまうのではないかという説が有力です。ですが、医学的にはっきりとした原因は突き止められていません。なお、頭皮の炎症反応は術後1~2週間で回復することがほとんどです。

もしショックロスで薄毛が気になるようでしたら、ケラチンパウダーによる人工毛のふりかけが適当です。ケラチンパウダーは毛穴に入って毛の成長を妨げることはしないので、安心して使えます。定着用のスプレーの種類によってはかぶれる方もいるため、低刺激製品を選ぶとより安心です。また、ショックロスの影響を和らげる可能性があるものとして、AGA治療薬や一部の育毛剤が挙げられます。

ショックロスをなるべく避けるには…

ショックロスは、既存毛がある部分に高密度移植を施した場合に起こりやすく、発生する確率は約20%と言われています。
植毛の際に注意したいのは、植え付け場所のスリットはできるだけ小さくし、ドナー株は小さいものを選び、既存の毛根は避けて植毛する、ということです。さらに局所麻酔は強すぎないものを使うなどの工夫も欲しいところです。ショックロスが起こる確率はドクターの腕によるものもあるでしょうから、植毛を得意とするクリニックを探すのも、当然ながら良い方法と言えます。