自毛植毛に100万円…どれだけ移植できる?

AGAによる薄毛の進行状況に関して…うぶ毛が残っている段階では、育毛剤などで薄毛が解消する可能性は残っていますが、一方で長期間治療をせずに放置すると、薬物治療だけでは再生できない状態になる恐れがあります。

今回はこのAGAに対して、影響を受けにくい後頭部や側頭部から、自身の毛を周囲の皮膚ごと移植する自毛植毛手術について、100万円でどれだけ移植できるかなど、具体的に紹介したいと思います。

自毛植毛手術とは

自毛植毛手術は、皮膚と一緒に採取した髪を1株ごとに分け、小さな穴を空けた患部の頭皮に1株ずつ植え付ける外科的な手法です。麻酔を使うので手術中に痛むことはありませんが、術後に麻酔が切れると痛みが出てきます。

植毛された髪は一旦抜け落ちますが、毛根の下部にある毛乳頭と言う、毛の成長に必要な栄養を取り入れる組織が、患部の頭皮の毛細血管や神経と結合することでまた髪が生えてくるのです。

頭皮の定着率は約95%と高く、日本皮膚科学会においても高い評価を受けています。

自毛植毛の長所と短所及び危険性

自毛植毛の一番の長所は、自身の髪の毛を使うので拒絶反応がないことです。また、薬物療法など個人差がある治療法に比べて、誰でも高確率で薄毛の改善が見込める他、1度自毛植毛を行えば、普通の髪と同様シャンプーをする以外には特別なメンテナンスが必要ありません。

更に、定着した頭皮は自分の自然な頭皮なので、年齢を経ると周囲と同じように白髪になり、施術範囲が浮くことなく自然な仕上がりになります。

一方で、採取する髪の本数には制限があり、髪全体としての毛量には変化が無く、高密度の植毛を1回で行うと生着率が悪くなるため、1度の手術で増やせる髪の密度には上限があります。また、費用は決して安くないのに加え、頭全体に薄毛が進行していると採取が行えない場合もある他、頭皮を採取した部分に縫合の跡が残ると言った短所もあります。

手術に伴う副作用としては、稀に頭皮の知覚異常やしびれ、まぶたの浮腫や一時的な脱毛の進行が起こる危険性があるので注意が必要です。

100万円の自毛植毛でできること

自毛移植は保険適用外の自費診療なので、前述のように多額の費用が掛かり、移植する髪の本数や面積を基準としているため、これが増えることで費用もより高額になります。

髪の毛2、3本の束である1株当たりの費用は、基本的に700円~2,000円弱となっていますが、この幅が大きいのは、クリニックによってメスを使って切開するFUT法や、使わないFUE法の他、専用の機器を使うなど、施術方法が異なるためです。

先に書いたものほど費用は安い傾向にありますが、場合によっては相場よりもかなり高額になることもあります。生え際だけならば、安ければ30~50万円程の費用で植毛が可能で、頭頂部の一部など初期段階の場合では1000株(2500本程度)が必要になり、その場合ですと70万円~100万円と100万円以下でできます。(※基本料金が別途かかる場合は100万円を越えます)

一方で、生え際から頭頂部にかけてかなり脱毛が進行していると、2000株(5000本程度)の植毛が必要となり、140万円~300万円が必要になると考えられ、予算を超えてしまいます。

…かと言って、費用の安さだけを重視し過ぎると、頭部への傷跡だけを増やしたり、不必要な部分を切り取ってしまうと言ったトラブルや、副作用が起きかねないので注意してください。いずれにしても、ある程度の金銭的余裕を持った上で医療機関と相談して、自分に合った植毛法を検討する必要があるでしょう。

正しい知識を持って植毛を

自毛植毛を検討する際は、多額の費用を必要とするので、メリットやデメリットだけでなく、移植の方法やそれを行う医療機関によっても料金が変わることを意識して、自分に最適なものを選ぶことが大切です。

費用の節約に拘り過ぎると、必要な作業を省かれるなどのリスクがあるので注意してください。薄毛の悩みを完全に解決したいならば、大目に予算を確保し、余裕を持った上で専門の医療機関としっかりと相談するようにしましょう。