女性がAGAになる理由

近年、男性と同等にバリバリ働く女性も珍しくなくなりました。最新の研究によると、こうした女性では男性ホルモンの分泌量が通常より多いケースがあることが分かってきています。

女性の場合、女性ホルモンの働きにより通常は薄毛になることはまずありません。ところが男性ホルモンの分泌が増えて影響を受けやすくなると、男性と同じメカニズムでAGA(男性型脱毛症)を発症してしまうのです。

女性のAGAは男性のように部分的に脱毛が進むのではなく、頭髪全体が薄くなるという特徴があります。

AGAの女性版「FAGA」とは

男性の薄毛の多くは、AGA(Androgenetic Alopecia/男性型脱毛症)によるものと考えられています。AGAは血中の男性ホルモン・テストステロンが頭皮の毛穴の奥にある還元酵素5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出すことが引き金になって起こります。

女性の場合も副腎で男性ホルモンが作られていますが、男性に比べるとわずかであり、通常は女性ホルモンによって働きが抑えられているためAGAを発症することは殆どありません。

様々な原因で男性ホルモンの影響を受けやすくなると、女性であっても血中の男性ホルモンが頭皮の毛穴の奥でDHTを作り出し、正常な育毛活動を阻害して抜け毛を引き起こします。このような脱毛を女性版男性型脱毛症(FemaleAGA/FAGA)と呼んでいます。

対策は男性と一緒なの?

女性のAGAに対しては、男性のAGA治療で通常使われる薬をそのまま使うことができません。特に妊娠中に使用すると胎児に重篤な影響を及ぼす薬もあるため、夫など身近な男性がAGA治療薬を使っている場合には充分に注意してください。

女性が薄毛クリニックに行くと、内服薬や塗り薬が処方されるのが一般的です。塗り薬は男性用に比べると、ずっと濃度が低いものになっています。薬は男性と一緒ではありませんが、男女の別なく効果的な対策は存在します。

育毛には頭皮の血行を良くすることが非常に重要なので、頭皮マッサージを取り入れるのはおススメです。ヘアカラーやパーマは、頭皮にダメージを与え、薄毛治療にマイナスとなるため避けた方が無難でしょう。髪の成長に必要なタンパク質や亜鉛、ビタミン類などの栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

まとめ

女性版AGAであるFAGAを改善するには、その原因となる要因を取り除くことが重要です。行き過ぎたダイエットや偏った食生活でホルモンバランスが乱れていることが原因なのであれば、食生活の改善が不可欠です。

バリバリ働くことを止めるわけにはいきませんが、女性ホルモンを増やしてくれる大豆食品やお魚、モロヘイヤやカボチャなどを積極的に摂るようにしましょう。

ストレスは薄毛に悪影響を及ぼすため、適度な運動を取り入れて解消するのはよい方法です。血行促進にもなり一石二鳥です。女性のAGAは早期に対処することで改善の可能性は十分にあります。諦めずに育毛に挑戦してみましょう。