女性の薄毛の症状について

20代の薄毛の主な原因はストレスと生活習慣

20代女性は、社会での経験も浅く、就職による生活環境や人間関係の変化でストレスを抱えやすい傾向にあります。また、一人暮らしの場合は栄養に偏りがあったり、不規則な食生活に陥ることも考えられるのに加え、睡眠不足や無理なダイエットなどによっても薄毛になる危険性があります。

過度のストレスは円形脱毛症の原因にもなり得る上、生活習慣の乱れと共に、ホルモンバランスが崩れる原因にもなります。丈夫な髪の成長を促進する女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンの影響が強まると、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型の脱毛症にもなりかねません。

他にも、カラーリングやパーマ、刺激の強いシャンプーによって髪の毛が細く弱くなり、頭全体が薄くなるびまん性脱毛症になることも考えられます。この症状は、女性ホルモンのプロゲステロンを含んだ経口避妊薬(ピル)の服用を、一定の期間が経過してから中止することによっても起こることがあるので気を付けてください。

さらに、ポニーテールやおだんごといった髪の毛を強く結ぶような髪型を頻繁にしていたり、分け目を固定している方は牽引性脱毛症に注意が必要です。長時間髪を引っ張り続けていると、細く、切れやすくなるので、分け目や生え際から薄くなっていきます。

20代女性が薄毛になるような原因は多いですが、それを把握して対策すれば比較的早く改善が可能です。まずは食生活や生活習慣、ヘアケアの改善を心がけてみてください。

30代になると妊娠・出産・子育ての影響も出てくる

女性ホルモンは30代になると減少に転じます。まだ老化を考えるには早いですが、20代女性の薄毛の症状や原因は30代においても当てはまるものばかりです。不規則な食生活やストレス、間違ったヘアケアやパーマ・カラーリングといった毛髪へのダメージが蓄積し、表に出やすくなっており、20代よりも薄毛になりやすくなっているので注意してください。

また、結婚適齢期や出産年齢が上がり、30代で妊娠や出産といった一大イベントを迎える方が増えてきていることも考慮する必要があります。

妊娠期および出産期は、子宮内膜を厚くして精子が着床しやすくする役割のある、女性ホルモンのエストロゲン分泌量が大きく変動する時期となっています。髪を成長した状態のまま維持する働きもあるこのホルモンは、着床後も妊娠の維持のために大量に分泌されるので、この時期の女性は髪が抜けずに生えたまま保たれています。

しかし、出産が終われば妊娠を維持する必要はなくなるので、エストロゲン分泌量が元に戻り、おおよそ2~5ヶ月の周期で大量の抜け毛が出ることになるのです。この状態は、脱毛後数ヶ月が経ち新しい髪の毛が生えはじめることで、出産後1年ほどで元通りになるとされています。ところが、夫婦共働きも増えている昨今の生活環境では、働きながら子育てをすることで、心身の疲労などによって薄毛が治らず、場合によってはさらに進行してしまう恐れがあるのです。

このように、多くの原因が考えられる30代の薄毛は、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症が多く見受けられます。いずれにしろ、原因の特定によって早期解決を図ることが大切です。

40代になると薄毛の悩みが増えてくる

40代になると、女性ホルモンの分泌量はさらに減少し、全体的に髪のボリュームが減って、生え際や頭頂部を中心に目に見えて薄毛がわかるようになってきます。これまでに重ねてきた生活習慣やストレスの影響が確実に現れてくるだけでなく、加齢によって新陳代謝が低下することで、頭皮や髪の毛への栄養供給がうまくいかなくなることも薄毛につながります。

この年代では、過度なダイエットやストレス、栄養分の偏りなどが、健康面や薄毛に直結してしまいます。

健康を気遣って、サプリメントや、健康食品を過剰に摂取すると、場合によっては体の代謝機能に悪影響を及ぼし、かえって負担になることもあるので気を付けてください。また、洗髪時の洗い残しやシャンプーなどのすすぎ残し、頭皮への刺激が強いヘアケア商品の使用に加え、子育てでケアを怠ることも、頭皮へのダメージにつながるので注意しましょう。

あくまで正しい知識を持って、頭皮の健康を意識した薄毛対策を毎日続けることが重要になり、延いては今後の健康維持のためにもなります。

まずは使用している育毛剤やシャンプー・トリートメントといったヘアケア商品が自分に合っているか確認し、40代後半頃から更年期に入ることも意識して、ホルモンバランスを保つよう心がけてください。

50代以降では老化も影響してくる

50代以降では、女性ホルモンの量は、ピークとなる20代と比べて1/3にまで減ってしまいます。これが頭皮や髪の毛に大きな影響を与え、抜け毛が増えて髪の毛が細くなるだけでなく、ハリやコシもなくなり、薄毛に加えて白髪も進行していきます。加齢と共に、髪が十分に成長するための時間がなくなり、不完全な状態で抜けることが増え、次の毛が生えるまでの期間も長くなります。

更年期を経たこの年代の多くの女性が、身体機能の衰えに加えて、ホルモンバランスの異常に悩まされるようになります。新陳代謝がうまくいかず、栄養の吸収力や供給量が低下する他、精神面でも、感情の激しい上下などがストレスとなり、頭皮の再生能力の低下や抜け毛の原因になってしまうのです。

また、白髪染めの際に、刺激の強い薬品を使用することで頭皮にダメージを与え、炎症を起こすことも考えられます。これによってすぐに薄毛になる訳ではありませんが、時間をかけて徐々に悪影響が出てくるので注意してください。

皮膚炎などの治療のために、ステロイド剤を服用する際も、薄毛への影響が心配されます。場合によっては医師などに相談して、育毛剤などを試すことも考えに入れる必要があるかもしれません。若い年代よりも育毛の効果は表れにくいので、根気強く薄毛対策を続ける必要があります。

まとめ

女性の薄毛は、年代によって様々な原因はあれど、ホルモンバランスの乱れがその根底にあります。加齢によって改善が難しくなる傾向にあるので、抜け毛や薄毛が気になったら、なるべく早い段階で対策することが大切です。最近では女性の薄毛治療に特化した専門の医療機関なども充実しているので、自分だけで解決しようとは思わず、プロの意見を参考にするのが最良の選択肢と言えます。