薄毛は遺伝するという噂は本当なの?

「薄毛やハゲは遺伝するのか?現在髪の毛が薄くなくても、遺伝子によって将来ハゲてしまうのでは?」まことしやかに囁かれるこの噂におびえる人もいるでしょう。

薄毛と遺伝の関係性については実は難しい部分があるのですが、家族や親戚にハゲている人の多い家系が存在しているのは確かです。自分自身の毛髪に関しては母方の祖父からの影響を大きく受けると言われ、母方の祖父母に薄毛傾向があると薄毛になりやすいと言われています。

AGA(男性型脱毛症)の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンがヘアサイクルを阻害することです。では、この「DHT」が生まれやすいかどうかは、どういう形で遺伝が関係してくるのでしょうか?

AGAに関係する遺伝子とは?

AGAに関係する遺伝子は2つあります。

1つは母親のX染色体から受け継ぐアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と呼ばれる感受性に関係する遺伝子です。

男性は母親からX染色体を父親からY染色体を受け継いで生まれてきますが、アンドロゲンレセプターは母親であるX染色体内に存在しています。

AGAの要因ともいえるDHTを取り込む(受容する)のがアンドロゲンレセプターなのですが、レセプターの感受性が高ければ高いほどDHTを多く取り込みやすく、ヘアサイクルが乱れて薄毛となります。※ちなみに女性に関してはこの遺伝子を持っていても、AGAにはなりません。

もう一つが、5αリダクターゼという還元酵素の活性化に関する遺伝子です。

男性ホルモンを強化してDHTに変身させてしまうのはこの5αリダクターゼで、DHTと5αリダクターゼの受容体が結合することでTGF-βというタンパク質が作られます。

TGF-βタンパク質は、毛母細胞の働きを阻害し脱毛命令を出してヘアサイクルを休止状態にさせるのです。

このDHTと受容体の結合のしやすさを「受容体の感受性」と呼び、感受性が高ければ高いほどDHTと受容体は結合しやすくなり当然薄毛になる確率も高まります。

遺伝には優性遺伝と劣勢遺伝が存在しますが、この受容体の感受性に関する遺伝子は優勢遺伝となっているので両親から引き継ぐのが薄毛遺伝子と薄毛ではない遺伝子であっても、優勢遺伝の薄毛遺伝子が優先される可能性が高くなってしまうのです。

大切なのは遺伝でも諦めないこと

AGAは遺伝の問題が確かに大きいですが、他にも生活習慣に大きく影響を受けるとされています。例えば適度に体を動かすことでストレス発散をし、バランスのとれた食事や適度な運動をするといった頭皮や毛髪に良い生活をしていくことが薄毛の予防に繋がるのです。

毎日行うシャンプーでも薄毛が進行してしまう可能性もありますので、地肌に優しいシャンプーを使い頭皮の皮脂を落とすなどの頭皮ケアもしっかり行っていきましょう。

こうした遺伝とは関係ない理由でも、AGAの要因ともいえるDHTが分泌されたり体内のホルモンバランスが乱れて薄毛になることも充分考えられます。

薄毛が現れやすい遺伝子を持っていたとしても、必ず薄毛になるわけではありません。逆に遺伝子を持っていない人であっても不健康な生活を続けることで、AGAを発症する可能性が高まるとも考えられるのです。

ですから薄毛に気付いたら、生活改善やAGA専門クリニックでの抜け毛治療も考慮にいれるなどして、早い段階での薄毛対策を心がけていきましょう。

まとめ

現在クリニックやインターネットで扱われているAGA遺伝子検査の検査キットで分かることは、AGAの発症しやすさ、もしくは将来発症するリスクを推定することです。

遺伝子検査はクリニックやAGA専門機関でも受けることができますし、キットを買えば自宅でも検査可能です。値段は1万円から3万円と検査キットによっても幅があり、検査のためには毛髪・血液・爪などや唾液などを摂取します。

検査キットにこうしたサンプルを採集し、専門機関へと送ることで自分が将来薄毛になりやすいかどうかがおよそ2~3週後には判明します。遺伝の力は強力ですが、頭皮や血管の環境を整えたりクリニックでアドバイスを受けたりすることで、自分に合った薄毛対策をしていきましょう。