自毛植毛が向いている人とは?

豊富なドナーがある

自毛植毛というのは自らの毛根をドナーとして、薄くなっている部分に植え込む治療法のことです。それゆえに求められるのが豊富なドナーであり、髪のボリュームに余裕がある人は自毛植毛にも適していると言えるでしょう。

それだけ移植できる素材が多いということですから、まだそこまで薄毛になっていない人は適正があります。

そこまで薄毛が進んでいない場合は投薬での治療もおすすめです。寧ろ投薬治療の方を先に検討されることをおすすめします。※引き続き以下の文章をお読みになり、ご検討・ご判断ください。

なお、側頭部や後頭部に余裕があるのが特に望ましいと言えます。これらの箇所は元々薄毛になりにくい部分のため、ドナーを採取しても将来的な影響が小さいです。また、手術によってできた傷についても隠しやすいです。

近道の治療を希望している

薄毛治療で代表的なのは、専用の内服薬や発毛薬を用いた方法です。これらの治療薬は主にAGA対策として用いられています。

しかし優れた効果を持つ一方、発毛に時間が掛かってしまいがちです。その点、自毛植毛は回復効果が出やすいという強みがあります。

ドナーを移植後、あとは普通の髪の毛が生えてくるように待つだけです。定着率も良い治療のために発毛ができる可能性も高く、短期間での薄毛の回復を目指す人にうってつけと言えるでしょう。

AGA治療薬の効果が確認できている

自毛植毛に関して誤解されがちなことがあります。それは植毛をした後は薄毛治療が不要になるという考えですが、実は植毛をしてもその後に治療を行うことも必要なのです。既存の髪の毛がAGAで抜けることもありますので、境目を生み出さないためにも予防をしなければいけません。

それゆえに、すでにAGA治療薬を試しており、効果も確認できている人は自毛植毛に適していると言えます。元から生えている髪の毛を残存させやすくなりますので、必然的にボリュームも維持しやすいです。

反対に治療薬が効きにくい・むしくは副作用に悩まされる体質ですと、既存の髪の毛が抜けて境目ができる恐れがありますので要注意です。

資金的な余裕がある

自毛植毛のネックとも言えるのが費用の高さです。治療の内容によるものの…基本的には、移植本数が多くなればなる程、高額の費用が発生します。

したがって資金的な余裕が持てる人に適している治療法と言えるでしょう。

なお治療に掛かる費用としては、最低でも100万円程度は必要になることが多いです。保険が使えない治療ですので全額自費となり高額の負担となってしまいます。

現実的に資金の問題は避けて通ることはできませんから、根本的に余裕がない場合は別の治療法を模索した方が良いでしょう。

まとめ

以上のような特徴を持つ人は自毛植毛に適している傾向があります。特にドナーの問題は大きいと言えるでしょう。

そもそもの移植ができる髪の毛があってこその治療法ですので、すでに薄毛が広範囲に及んでいる場合ですと根本的に難しくなります。

費用の問題も大きいです。特に自毛植毛はコスト面の負担が大きくなりやすい治療法のため、軽視することができない問題といえます。

ただ、優れた改善効果が認められている治療法でもありますから、当然魅力的にも感じるはずです。

自毛植毛で回復を目指すべきなのか、それとも他の治療の方が良いのか、よく考えて決断を下すようにしましょう。

どのような治療法を選択するにせよ、AGA治療を専門としている医師への相談は必須です!必ず気になる点を相談するようにしましょう。