自毛植毛が向かない人とは?

自毛が少ない人

自毛植毛の最大のメリットは、自前の毛根をドナーにすることによって、本物の髪の毛を生やせることです。しかし治療の特性上、根本的にドナーがなければいけません。

つまり自毛がすでに少なくなっている場合ですと治療を受けることは難しいです。

言い換えると、広範囲に薄毛が確認できる人には向いていない治療法です。薄毛の範囲を補うだけのドナーを確保することは難しいため、もし治療に適合しない場合は、人工毛植毛、あるいはその他の治療方法での回復を目指した方が良いでしょう。

その後のAGA治療に抵抗がある人

治療を行う場合には、AGAの影響を受けないところからドナーを採取しますので、植毛をした後の髪の毛は抜けてしまうリスクが低いとされています。

ただ、注意が必要なのは、植毛をした以外の髪の毛に関しては、AGAの影響を受ける可能性があることです。

つまり新たな薄毛部分が発生する可能性があるため、自毛植毛をした後でもAGA治療をしないと維持が難しいことがあります。

したがって、その後の治療には抵抗がある人ですと、あまり自毛植毛は適していないと言えます。

自毛植毛で終わらせることなく、その後の薄毛を予防するための治療にも積極的な人にこそマッチすると言えるでしょう。

特定の持病を持っている人

持病が原因で治療にマッチしないこともあります。例えば糖尿病の場合です。

傷の治りが普通よりも遅くなってしまいますので、ドナーを移植しても定着率が悪くなってしまう可能性があるのです。

また、傷口が化膿する可能性も考えられますから、その後の経過に影響を及ぼすリスクも懸念されます。

ただし、自毛植毛の治療は進化しています。従来の方法ですと傷口が大きくなるために難しくなってしまいますが、先端の治療ですと僅かな傷で済ませることが可能です。

糖尿病をはじめとした何らかの持病がある場合でも自毛植毛ができる可能性は残っていますが、必ず専門医に相談し、意見を聞くようにしましょう。

頭皮環境が良くない人

基本的に自毛植毛は健全な頭皮環境を前提とした治療です。そのため頭皮環境が良くない人ですと難しくなります。

例えば皮膚炎や原因不明の湿疹、人工毛植毛による炎症が発生しているなどが挙げられます。

しかしながら、頭皮環境を整えるための治療によって改善ができれば、自毛植毛を行えるようになる可能性も出てきます。

支障になっている症状を治めさえすれば問題はありませんから、まずは健全な頭皮を目指すことが必要と言えます。

自毛植毛の注意点のまとめ

優れた薄毛回復効果を発揮する自毛植毛ですが、誰でも受けられる治療方法というわけでもありません。薄毛の状態や持病の有無、頭皮環境などによって治療の可否が左右されます。

さらには治療後にも薄毛治療(現状維持ケア)が必要ですから、自毛植毛後のことも考えなければいけません。

薬による薄毛治療と比較した場合、少しクリアすべき問題が多く感じられますので、ハードルが高い治療方法と言えるでしょう。

しかし、自毛植毛の効果は高く、天然の髪の毛の復活を目指す人にはうってつけの治療方法です。そして、今では治療技術も進化していますので、満足度の高い薄毛対策ができることでしょう。気になる場合は、自毛植毛を得意とする腕利きの専門医がいる病院へ相談に行きましょう。