同じ200万円でも病院によって移植可能な本数は異なる

進化する自毛植毛手術の技術力

自毛植毛手術では、自分の生きている毛を毛根から移植するので、定着しやすくずっと生えてきます。多くの場合、一度の手術であとは自由に生活できます。自毛なので拒絶反応を起こす心配もありませんし、普通にシャンプーも可能です。

一昔前までは自毛植毛手術は元気な毛髪を採取するために頭皮を切り取って行うものが主流で、傷が治るまで安静にしていなければなりませんでした。ですが最近は技術力が進みメスを使用せず植毛手術をすることが可能となっています。

自毛植毛手術の1グラフトや1株って何?費用はどのくらい?

植毛手術でよく見かけるのが1グラフトや1株という単位です。髪の毛の毛穴からは2~3本の毛が生えています。頭部の毛穴1つ分に生えている毛を単位化して「1グラフト」とか「1株」と表しています。

髪の毛の本数に換算すると平均2.5本となります。毛穴を単位化することで費用面でも説明がしやすくなるのです。安いところだと1グラフト700円や800円などありますが(この費用はモニターなどが多いようです)、だいたい自毛植毛手術での費用は1グラフト辺り1,000円~2,000円が相場で、更に基本料というのがかかってきます。

その基本料金の相場がだいたい20万円程度です。例えば1000本の毛を植えるとしたらおよそ400グラフト必要なので、40万円+20万円で約60万円掛かります。1株あたりの料金が2,000円の場合だと80万円掛かるのです。これはあくまで目安であり、そこに消費税も絡んでくると多少費用も変化してきます。

では本題!200万円でどのくらいの移植ができるの?

200万円で移植できる植毛の数を計算してみましょう。まず基本料の20万円を差し引くと180万円となります。180万円÷1,000円(1株1,000円の場合)で1,800株です。1,800株×2.5本で4,500本の毛髪を植毛することができます。

1株が2,000円の場合は、その半分の900株となるので2,250本可能です。本数で言ってもイマイチピンとこないかもしれませんね…。

見た目の目安では4,500本植毛すると、(個人差はあれど、多くの場合)頭部の薄毛を完全に隠せる程度のボリュームを出せます。2,250本あるとオデコのM字の薄毛ならボリュームは必要ないので、この本数でも十分隠せるでしょう。

かけられる予算と隠したい薄毛の部位で植毛手術の病院を選ぼう

前述の通り、1グラフト辺の値段には、病院によっては2倍程の差があり、200万円という高額な金額を設定して、比較し、本数で換算すると、とても大きな差になることがわかりました。

金額が高いからといって技術力がいいとは限りませんし、安いからといって技術力が落ちるというわけでもありません。ドクターの知識と経験からくる技術力は自毛植毛手術を左右します。

自分の予算と理想とする着地点、双方の状況を考え、どこの自毛植毛クリニックを選べばいいか、口コミ、病院の症例、無料カウンセリングなどを参考にしながら探してみるのがいいでしょう。よくモニターを募集しているところもあるのでそちらもチェックされることをおすすめいたします。