自毛植毛について

自分の毛髪を移植して増やす

AGAを治す有効な手段のひとつに「自毛植毛手術」があります。自分自身のAGAになりにくい毛髪を移植して、発毛を促すのが自毛植毛手術の特徴です。

人工の毛髪を移植する手術の場合は、定期的なメンテナンスが必要です。しかし、自毛植毛ならメンテナンスをする必要がなく、放置していれば自然に発毛してきます。

発毛してヘアサイクルを繰り返すようになれば手術は成功です。人工毛髪を移植する手術と比較すると手術費用は高額ですが、長い目で見るとコスパがよくお財布に優しいAGA治療といえます。

お手頃なFUT法

自毛植毛手術にかかる費用も他AGA治療と同様に保険適用の対象外となります。そのため、手術費用は高額になるのが一般的です。

自毛手術の手術費用は、手術の種類や移植するグラフト(毛包)の数によって異なります

一番普及しているのが、メスを使って行うFUT法です。FUT法はオーソドックスなメスを使って行う自毛植毛です。

頭皮を切開して毛包細胞を採取し、株分けして移植していきます。FUT法は定着率が良く、広範囲にわたるAGAの治療に効果的です。

額の生え際など、小範囲の薄毛をFUT法で改善する場合、最低でも1000グラフトは必要です。FUT法で1000グラフト移植する場合の手術費用は、50万円~100万円になります。

メスを使わないFUE法の費用

メスを使うFUT法とは違い、メスを使わないのがFUE法という自毛植毛です。

FUE法では専門のパンチを使って頭皮から毛包細胞を採取します。頭皮をメスで切開しないので縫合する必要がなく、手術跡が目立たないのがメリットです。

また、頭皮を傷つける範囲が少ないので、体にかかる負担も少なくなります。

ただし、FUT法と比較すると採用しているクリニックは少なく、手術費用が割高です。

例えば額の生え際1000グラフトをFUE法で移植する場合の手術費用は100万円~200万円ほどになります。

クリニックによってはFUT法の倍以上の手術費用がかかりますが、メスを使わないでAGAを治したい人に需要がある手術です。

見積もりを出してもらうこと

どんな自毛植毛でも、小範囲だと少ない費用ですみ、広範囲だと高くつきます。後退してきた額の生え際を少しだけ植毛する程度なら、50万円程度でできるクリニックも多いです。

ただし、広く脱毛した頭頂部を自毛植毛する場合は、200万円近くかかるのが一般的です。

また、手術費用以外にも、「基本料金」として10万円~20万円かかる場合もあります。

さらにカウンセリング料や検査料などが必要になるクリニックもあり、その辺の費用は自毛植毛手術を受ける前に必要です。いずれにしても決して安い費用ではないので、手術をする前に詳しい見積もり書を提出してもらうことが大切です。

見積もりだけなら無料でしてくれるクリニックも沢山あります。