自分はAGA?セルフチェックの方法

「最近髪が少なくなった気がする」と感じた時は、セルフチェックを行ってみましょう。専門家の診断を受ける前にチェックできるため、非常に簡単です。

1つ目は親戚に薄毛の人がいるか確認することです。

AGAは遺伝によって発症するケースも多いため、両親や祖父母など関係の近い親族で薄毛の人がいる場合は注意しましょう。

2つ目は抜け毛の量です。

1日で100本程度抜けるのは生理現象なので、気にする必要はありません。明らかにそれ以上抜けている、一気に大量の毛が抜ける人はAGAの可能性が高いと言えます。

切れ毛の確認をすることが3つ目のチェックポイントです。

根本から抜けているのではなく、途中で切れている毛を切れ毛と呼びます。丈夫な毛が育っていない証拠なので、頭皮環境に何らかの問題が生じている恐れがあります。

最後の4つ目は前頭部と頭頂部の髪の量です。

AGAは前頭部や頭頂部から進行していくタイプがあるため、その部分の薄毛が目立ってきた人はAGAの進行が開始していることを意味します。

もしもAGAだったなら、どんな対策ができる?

AGAを発症している場合は、早急に薄毛治療を行っている病院へ行くのが得策です。

自分でできる対策もありますが、根本的な解決は難しくなっています。

専門機関で治療を受ければ薄毛のタイプや体質に合った対策を教えて貰えるので、非常に効果が高いと言えます。※セルフケアとは比較になりません。

AGAに効果があると言われている「プロペシア」という飲み薬、肌に塗るタイプの「ミノキシジル」を処方して貰えます。

体の内外からダブルアプローチによって根本的な解決を目指す方法となるため、AGAを発症した場合は病院を利用するのが推奨されています。

AGAは早めの対処が大切

AGAは早めの対処が重要となるからこそ、病院を利用した方が良いのです。

髪の毛は根元にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで髪が押し出されて、徐々に伸びていきます。つまり、毛母細胞がなければ髪は成長しないということです。

毛母細胞には寿命があり、分裂不可能となった毛母細胞は専門機関の治療でも再生することは難しくなっています。そのため毛母細胞が分裂不可能となる前に適切な対処をとることが、非常に重要です。

AGAを発症すると健康的な髪が育ちにくい悪い頭皮環境となってしまうケースが多く見られます。フケなどの汚れが多い頭皮環境によって、さらにAGAを悪化させる恐れがあります。

AGAを放置していると負のサイクルが続くことも、早めの対処が推奨される理由です。

まとめ

専門機関で診断を受ける前に、AGAの発症を自分でチェックすることも可能です。AGAを放置すると負のサイクルによって頭皮環境の悪化を引き起こし、毛母細胞が再生不可能となってしまいます。セルフチェックによってAGAの発症が確認できた場合は、早急に専門機関を利用してください。