AGAにおける3種類の検査方法

個人、あるいはクリニックを介して3種類の方法で遺伝子検査を行って、発症しやすいタイプかどうかを判定していきます。

自宅で検査するときには、業者やクリニックから検査キットを受け取り、専用の綿棒で頬の内側の粘膜を採取します。手軽ですが、クリニックのような高い精度は期待できません。

一方、クリニックでは金銭面での負担は大きくなるものの(クリニックによっては無料キャンペーンなどを行っている場合も有り

短時間で確実性の高い毛包を採取する方法、あるいはやや安い料金で血液を採取し、遺伝子の配列を調べる方法のどちらかから選ぶことになります。

遺伝的にAGAを発症しやすい体質かを判定されます。

遺伝子検査のメリットとは

遺伝子検査のメリットは、目に見えない遺伝子について調べることにより、現在進行中の薄毛がAGAによるものかを判断できることに加え、潜在的に薄毛の発症率が高い人を早期に発見できます。また、フィナステリドの感受性を調べ、有効な治療方法を見つけるサポートにもなります。

さらに、一度検査をすればその状態が変わることはないため、一時的にコストはかかりますが、転院した時やセカンドオピニオンを利用した時でも検査料を安く抑えられます。

現在ではAGAに関して実績豊富な病院に行くと、ほぼ確実に遺伝子検査をすすめられます。その際、検査結果はきちんと保管しておいて、担当医が変わった時やクリニックを変えるときなどに提示しましょう。

気になる費用はどれぐらい?

赤ちゃんのDNA検査というと、一回当たり10万円単位の支出が発生します。そのため、AGAの遺伝子検査に不安を抱いている人は意外と多いものです。

しかし、AGAの調査のための遺伝子検査は一回当たり2~3万円前後で、比較的手ごろに申し込めるでしょう。

なお、AGAと判明したあとで治療をその人に合わせて選ぶことになりますが、これは遺伝子検査にかかる費用とは別に請求されます。(もちろん例外のクリニックも有り)

ちなみに、毛包からの検査に比べると、血液を採取して検査をしたほうが若干費用が安くなります。多少痛い思いはしますが、少しでも検査代やケア代を安くしたいと考えているのならば、クリニックで相談してみましょう。

血液採取は汎用性が高いため、AGA専門のクリニックだけでなく、全国のほとんどの皮膚科で対応してもらえます。

まとめ

このように、遺伝子検査を利用することで聞き取りだけでなく、より確実性の高い方法で薄毛の原因を見つけ、その人に個人個人で合わせた治療法が選べるようになります。本格的に薄毛対策がしたい人は積極的に申し込みましょう。