頭皮の炎症が起こる様々な原因と予防方法

育毛剤などでかぶれるケース

育毛剤を使うことで、かぶれて頭皮に炎症を起こす場合があります。その理由として、育毛剤に含まれる成分にはアレルギー反応などの副作用が出ることもあるからです。特に、乾燥肌や敏感肌の人、アトピー体質の人はなりやすいと言われています。

育毛剤は育毛を促してくれるアイテムではありますが、肌に合っていない状態で使い続けることや誤った使用をしていると、頭皮には逆効果なのです。症状が出るかは使ってみないとわからないこともあります。

使用する前には、頭皮以外の強い肌でテストをする、成分を把握するなどして確認することが大切です。

育毛剤の使用で起きるアレルギー反応では、かぶれや痒み、湿疹があります。これらは、配合されている成分が合わないと症状として出てきます。

一般的には、防腐剤や保存剤でアレルギー反応が起こりやすいです。また、肌刺激の強い成分やアルコールが含まれている場合にも起こります。普段からアルコールに弱い体質の人は、成分を確認してからがいいでしょう。

皮脂が原因で炎症をおこすケース

皮脂が原因で頭皮に炎症を起こす場合があります。そのような頭皮の場合は、脂漏性皮膚炎になっている可能性が高いです。

脂漏性皮膚炎では、皮脂を好む「マセラチア菌」が異常に増殖します。皮脂が異常に分泌して菌が増殖したことで、頭皮や顔に炎症が起きてしまうのです。

進行すると痒みや発赤などの炎症が出て、頭皮にかさぶたができる人もいます。脂漏性皮膚炎は真菌によるものなので、生活習慣の改善やシャンプーの変更、投薬治療などが必要になるのです。

フケが多く出るのでフケ症と勘違いしてそのままにしておくと、さらに悪化して薄毛や抜け毛の原因となります。

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進するので、男性の方が脂漏性皮膚炎にはなりやすいです。しかし、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの関係で女性や子供もなってしまいます。

洗いすぎで炎症がおきるケース

頭皮を洗い過ぎることで、痒みや発赤などの炎症が起こる場合があります。その原因として髪の洗い過ぎや乾燥し過ぎること、合わないシャンプーを使い続けていることです。

髪の毛を洗い過ぎると、頭皮の皮脂が必要以上に落ちてしまう場合があります。頭皮を健康に保つためには、ある程度の皮脂分泌が必要です。正常な皮脂分泌量を保つためにも、洗い過ぎて皮脂を落としすぎないように注意しましょう。

乾燥し過ぎで出る症状は痒みやフケ、発赤などです。また、頭皮が乾燥すると皮脂分泌異常となりさらに皮脂を出そうとします。しかし、そのような状態では頭皮が脂性に変化していき、毛穴が詰まりやすく菌が増殖してしまうのです。

一般的には、シャンプーは1日1回までとし、洗い過ぎないことで皮脂分泌量を正常に保てると言われています。

洗う時に爪を立てる行為にも注意が必要です。なるべく汚れが落ちるように刺激を与えがちですが、爪で傷をつけたことでそこから雑菌が入る可能性があります。弱った頭皮に雑菌が入ってしまうと炎症が酷くなってしまい、治りにくくなってしまうのです。

指の腹でマッサージするように揉めば、血行が良くなり毛穴から汚れが出やすくなるという利点もあります。合わないシャンプーを使い続けることも原因の一つです。

例えば、敏感肌や乾燥肌の人がアルコール系や石鹸系のシャンプーを使用していると、皮脂の取り過ぎで痒みが出る場合があります。また、界面活性剤や防腐剤は刺激が強いです。

もし、皮脂分泌異常になった場合はアミノ酸系などのナチュラル成分が含まれたものに変更するといいでしょう。自然由来の成分が含まれているので、刺激が少ない状態でも洗浄力はあるものが多いです。

頭皮は清潔に保つようにしよう!炎症を防ぐために生活習慣の見直しを

頭皮の炎症を防いで、薄毛や抜け毛対策をするには頭皮を清潔に保つことが大切です。また、炎症を防ぐためには生活習慣を見直す必要があります。

生活習慣の見直しでは、特に睡眠と食事、ストレスに気を付けるといいでしょう。睡眠不足や栄養不足が続くと、自律神経に不調をもたらします。

自律神経はホルモンバランスを調整することや身体の機能を正常に保つ働きがあるので、不調になると頭皮だけでなく身体全体に影響を及ぼすのです。

もし、炎症が起きてしまった場合に、身体が正常に反応しないと治るのに時間が掛かってしまいます。

さらに、新陳代謝の低下で血行が悪くなり皮脂分泌異常になる可能性もあるのです。人間の身体は睡眠中に成長ホルモンが出るので、睡眠不足は避けなくてはなりません。

また、栄養不足になると毛を作る毛母細胞に栄養が渡らず、薄毛の原因にもなってしまいます。よって、新陳代謝を良くして炎症を防ぐまたは治すためには、規則正しい生活習慣がいいのです。

また、煙草は血行不良の原因になります。血行不良になると傷の治りが悪いなどの影響が出てくるので、頭皮に炎症が起きている場合は喫煙には気を付けましょう。