若くてもAGAになることが!?

AGAは仕事の人間関係やストレス、食生活の乱れなどが原因で起こることもあります。また、飲酒や喫煙、不規則な生活もAGAに影響をもたらす可能性があります。そのため、10代や20代でも起こりうる症状なのです。

また、親族にAGAの方がいる場合は、遺伝的要素により若年性の脱毛症になってしまう可能性があります。そのため、年齢に関わらず薄毛対策を行っておく必要があり、生活習慣を見直すことが大切になってきます。AGA対策は早ければ早いほど効果的なので、若いうちから偏った食事や睡眠不足に気を付け、髪に必要な栄養を運ぶ血流の働きを促すことが重要となります。

頭皮環境を整えることで抜け毛や細毛、薄毛を防ぐことが可能となり、それが健康的な髪の維持に繋がるのです。

AGAを発症しやすい年齢

AGAを発症しやすい年齢に関してですが、個人差があるので一概には言えませんが…

一番多いのは70代で60%を越えていますが、発症しやすい年齢ということで言えば40代となってきます。

年齢を重ねれば重ねるほど発症する確率は高くなり、発症年齢には個人差があります。しかし、全体で見ても成人男性の30%程度がAGAにかかっていて、薄毛になった人の90%はAGAによるものとされています。平均的な発症年齢を過ぎたからといっても安心できるわけではなく、50代で突然発症してしまう可能性もあるので、日頃からきちんとした生活習慣を送ることが求められるのです。

発症してからではなく、予防から考えよう!

AGAは、発症してから何も処置をせず放置しておくと、取り返しのつかないことになってしまう可能性があるので、事前に対策をして予防することが大切となります。

髪を健康に保つためには食事のバランスが重要となります。大豆やイモ類に含まれるタンパク質、緑黄色野菜や果物に含まれるビタミン類、海藻や根菜に含まれるミネラルをバランス良く摂取することが大切です。また、カキに多く含まれる亜鉛も髪を健康に保つためには重要な栄養となります。

また、睡眠も重要で22時から26時の間には眠っていることが求められます。この時間は成長ホルモンの分泌を促す副交感神経が活発になるので、一番髪が生えやすい時間帯なのです。

必ずしも予防できるとは限りませんが、自分でできる予防法を行うことで発症を防げる可能性もあるのです。

まとめ

AGAは年齢に関係なく誰でも発症してしまう可能性があります。AGAになってしまったら早めに診察を受けて治療を行うことが望ましく、健康な髪を維持するためにはAGAになる前からの予防が大切になってくるのです。