AGAの治療は基本的に時間がかかる

外用薬のミノキシジルは細い産毛を太い髪へと成長させる効果があります。生え替わりのサイクルに関与しながら発毛を促すため、1mlを1日2回塗布したとして6ヶ月程度使用する必要があるのです。

内服薬はプロペシアと呼ばれ、主成分のフィナステリドがAGAの原因物質の生成に関与し、抑制することで発毛を促します。休止期だった毛髪の成長を促し、徐々に伸ばすことで毛髪量を増加させる効果があり、こちらも6ヶ月程度必要になります。

治療は、専門のクリニックや皮膚科で行うことが一般的で、どちらの治療薬も1年間程度続けることが求められます。※もちろん個人差あり

人によって個人差がある場合も

AGAの治療薬は即効性のあるわけではないので、継続的に行う必要があります。治療期間中、効果がなかなか現れないからといって途中でやめてしまうと3ヶ月~6ヶ月程度で効果が消えてしまいます。体質によってはプロペシア服用時に、3ヶ月程度で抜け毛が減ってくることを実感する場合もありますが、やめてしまうと1年ほどで元の脱毛状態に戻ってしまうこともあるのです。

人によって個人差があるので効果がない可能性もあり、もしもこれ以上続けても変化がないと判断された場合は、植毛やカツラを検討することも方法の一つとなります。

長期的な視点で焦らず治療していこう!

脱毛の原因は様々で、生活習慣の乱れも一因となっていることがあるので見直していく必要があります。暴飲暴食や睡眠不足、たばこなどを控えて規則正しい生活習慣を取り戻すことで改善する可能性が高まります。

もちろん、遺伝や男性ホルモンが多い方は生活習慣を変えたからといって良くなるとは限りませんが、体にストレスを与えないことが大切なのです。生活習慣を気にしながら毎日こつこつと薄毛治療を行うことで、少しずつですが効果が期待できるのです。

薄毛の治療には時間がかかるので、少しでも薄毛に気づいた場合は早めに診察を受けることが重要!治療薬を使用してもすぐには効果は得られませんが、時間をかけて焦らずに地道に治療していくことが大事で、諦めなければ治る可能性は高まるのです。

まとめ

薄毛の症状がまだ軽いからといって放置しておくと…進行してしまう恐れがあり、手遅れになってしまうかもしれません。早めに診察を受けて適切な治療を行うことが重要となり、根気強く継続的に行うことがAGA治療をする上で大切なことなのです。