皮膚科ならではの治療法

皮膚科で行っているAGAの治療は、ほとんどがAGA専門のクリニックでも受けられるものばかりです。

ただし、皮膚科のすべてがAGAの治療に対応しているというわけではなく、全く治療を行わないところもあれば、できる治療の種類が少ないというところもあります。

皮膚科の治療を中心に行っている病院では、主にプロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬の処方が中心となります。

ただ、AGAとは関係のない、なんらかの頭皮のトラブルによる薄毛または、それらを併発している場合のAGA治療には、皮膚科の方が便利なこともあります。

この場合には頭皮の炎症や乾燥などのトラブルの原因を改善し、髪の毛の生えやすい環境づくりをしながら薄毛の原因に対処していくという治療になります。

AGA治療の専門クリニックと皮膚科の違い

AGA専門クリニックでは、治療の種類やAGAに関する知識が豊富なスタッフがそろっています。

皮膚科で行っている薬の処方以外にも、クリニックによってはメソセラピーやHARG療法などの髪の成長を促す治療を並行して効果を高めていますし、すぐに薄毛の悩みから解放されたいという希望があれば、植毛手術で対応してもらえるところもあります。

ただし、AGA専門のクリニックというのは皮膚科に比べると数が少なく、患者さんによっては遠方から通わなければならないこともあります。

AGAは継続治療が必要・重要ですので、遠方から何度も通わなければいけなくなると大きな負担となってしまいます…。

しかし近年、こうした悩める患者さんを救済すべく「遠隔診療」といった斬新な方法を取り入れているクリニックも存在しておりますので、「遠方から何度も足を運ぶのはちょっと…」という方はこういった治療体制を整えているクリニックに診てもらうのもいい判断かと思います。

傾向としては「AGAが相当進行している場合には専門医」、「頭皮の病気を併発していたり、AGAの進行が軽度で薬で脱毛を抑えられたりする場合は皮膚科」を選ぶ人が多い傾向にあります。

治療するならどっちが良いの?

薄毛の原因がAGAのみである場合には、専門医で治療を受けたほうが件数も実績もあり、選べる治療法の選択肢も豊富です。

しかし、これと同時に頭皮に何らかの病気を発症しており、皮膚科専門の治療を受けなければならない場合には、AGAの治療も行っている皮膚科に相談するか,AGA専門医のもとで皮膚科と連携を取りながら治療を進めていった方が良いでしょう。

頭皮環境を整えることで薄毛の改善スピードに差が生じるだけでなく、頭皮の病気についても重症化を防げます。ただ、頭皮トラブルの原因がAGAによるものか、それ以外かというのは両方を理解していなければわかりにくい面もあり、皮膚科の資格を持っているAGA専門医に相談したほうがスムーズです。

まとめ

このように、頭皮に何らかの症状が出ており、AGAの治療では対処できない場合には皮膚科の方が良い場合もあります。ただ、AGA専門医の中には皮膚科と提携しているところも多数ありますので、まずは専門医で検査・相談をしたほうが良いでしょう。