医療費控除の仕組み

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。このAGA、最近、治療をすることで治すことができると注目されるようになってきています。そんなAGAの治療は、実は、治療費が結構かかります。その為、少しでも費用を抑えられないかと医療費控除の対象になるのかを調べている方も多くいらっしゃいます。

医療費控除とは、1年間で支払った医療費の合計金額が、10万円を超えた場合に申請できます。そして、申請すると、確定申告の際の控除対象金額が増えるので、結果として、支払った税金からお金が還ってくることになります。医療費としては、診療費、治療費、医薬品、入院費、通院の交通費等、治療に関わることが対象になります。

実際に医療費控除を受けたことがある人も!?

AGAで実際に、医療費控除を受けることができるのかと言いますと、基本、AGAは、医療費控除の対象外です。なぜなら、AGAは、容姿を美化する美容目的という位置づけで自由診療なので、病気を治す治療ではないと判断されている為です。

医療費控除の対象の定義としては、命に係わる病気の治療、もしくは、日常生活に支障をきたす病気の治療の場合が基本対象です。ただし、例外として、AGAでも医療費控除を受けた人がいるのも事実です。

※管轄の税務署の見解を聞いたり税理士に相談するようにしましょう。

医療費控除の対象になるために必要なこと

医療費控除の対象になるには、AGAが他の病気が原因であることを証明する必要があります。

精神疾患や他の病気が原因でAGAになっている場合には、まず、医師の診断書をもらう必要があります。また、実際に、治療でかかった、治療費や医薬品、通院の交通費などの領収書を用意しておく必要があります。

医薬品を処方された方は、領収書だけでなく、薬と一緒に手渡される処方箋を一緒に添付した方が、医療費控除の審査がスムーズに進むのでお勧めです。

ただし、認可を受けていない治療薬の場合は、医療費控除の対象から外れるので、そういった薬を外した状態で、1年間で10万円以上の治療費がかかっているか確認してから、医療費控除の申請をすることをお勧めします。

まとめ

AGAの治療は、美容目的の治療になるのですが、医療費控除の対象になることがあります。それは、精神疾患等他の病気が原因でAGA治療を受けている場合です。そういった方は、医師の診断書や、治療に関わる領収書を用意しておけば、医療費控除を受けることができる可能性がありますので、諦めずに一度専門家へ相談するようにしましょう。