そもそもAGAの原因ってなに?

AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれるものです。その直接的な原因となるのは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの作用です。

この「ジヒドロテストステロン」はAGAの脱毛部に高濃度にみられ、髪の生え変わりのヘアサイクルに影響を与えます。ジヒドロテストステロンは、髪の毛が長く太く成長する「成長期」を短くしてしまい、十分に成長していない細くて短い毛が多くなってしまうので結果的に薄毛が目立ってしまうのです。これには加齢や遺伝的な要素も関わってきます。

遺伝的な要素がなかったとしても、生活習慣の悪化によって発症する可能性もあります。脂質や糖分の多い食事や過度の飲酒や喫煙はもちろんストレスなどにも気をつけなくてはなりません。

生活習慣の改善が大事

髪の成長には食事からの栄養が欠かせませんから、ダイエットや偏食による偏った栄養摂取は避けたいものです。また、脂っこく高カロリーな食事も頭皮の皮脂を過剰にしたり、動物性の食事によって男性ホルモンの分泌が活発になり、AGAの原因になり得ますのでバランスのとれた食事が大切になってきます。

他には睡眠不足にも気をつけなくてはなりません。髪の成長には成長ホルモンが関わってきますので、質の良い深い睡眠をとるべきです。

また喫煙する人はしない人に比べ、ジヒドロテストステロンの量が増加するともいわれていますので、注意したほうがいいかもしれません。

生活習慣を見直していくことで、AGAの予防にも繋がりますから少しずつでも心がけていくことが重要です。

シャンプーや育毛剤を使ってみる方法も

AGAの予防を考えたときに、育毛用のシャンプーや育毛剤を取り入れてみるのも良いでしょう。育毛用シャンプーは、通常のシャンプーに比べて刺激が少ないので頭皮環境を悪化させませんし、生薬成分などが配合されているものは頭皮環境を整える作用をしてくれます。

また育毛剤に含まれているヒオウギエキスやオウゴンエキス、ビワ葉エキスなどはAGAの原因と考えられるジヒドロテストステロンの分泌を抑制してくれる作用もあるので積極的に取り入れていきたいところです。

シャンプーや育毛剤は完全にAGAを予防できるわけではありませんが、頭皮を健康に保つことや、薄毛の原因となる物質に効果的なものを取り入れていくことは結果的に予防にも繋がります。

まとめ

AGAの原因にはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが深く関わっています。AGAを予防するためにはそのホルモンの分泌を、生活習慣の改善をしたり育毛シャンプーや育毛剤を使用したりすることで抑制していくことが肝心です。