AGAのメカニズム

AGA(男性型脱毛症)とは、M字ハゲやてっぺんハゲとも呼ばれる成人男性に多い髪の毛が薄くなる状態のことを指しています。原因として男性ホルモンの一種であるテストステロンが大きく影響していますが、テストステロン自体は男性に必要なホルモンで脱毛を促す作用を持っているわけではありません。

テストステロンが5aリダクターゼという酵素と結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)呼ばれる男性ホルモンへと変化し、AGAの原因物質となるのです。

DHTが、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体に作用してAGAが発症するのですが、困ったことにAGAの症状が進むと抜け毛が増えるだけではなく、髪自体が育ちにくくなり健康な髪まで脱毛させてしまうという事態が生じてきます。

具体的には額の生え際や頭頂部が次第に薄くなっていき、そのまま何の対策もしないならば抜け毛はどんどんと増えて地肌が目立つようになるのです。

ヘアサイクルってなに?

ヘアサイクルとは、文字通り髪の毛が生えては抜けていく周期のことです。健康な髪は、成長期・退行期・休止期という3つのヘアサイクルを繰り返しています。

髪が育つのが成長期(3年から5年)、髪が抜けていくのが退行期(約3週間)、次の髪が生えてくる準備を整えるのが休止期(約3ヶ月)です。

また当然ですが、髪はその1本1本ごとに違うサイクルで成長していますから毛の抜けるタイミングもそれぞれ異なっており、通常であれば一度に髪が抜けてしまうことはありません。

ところが、ヘアサイクルが乱れてしまうと成長期が短くなり、髪が十分に成長できず細く短い髪が多くなります。DHTが発毛や脱毛を司る毛乳頭の働きを鈍らせてしまうことで、通常3年から5年ほどかかるはずの成長期が極端に短いヘアサイクルになるのがAGAの特徴なのです。

初期脱毛から治療をすることのメリット

実のところAGAは、遺伝によって男性ホルモンに対する感受性が決まっています。ですから遺伝子検査をすることによっても薄毛のなりやすさなどを検査することが可能です。しかしそれだけではなく普段の食生活やストレスも、AGAの大きな要因と言えるのでしょう。

AGA対策に必要なのは脱毛が始まった初期のうちに治療に取り組むことであり、時間が経つにつれ治療効果が出にくくなってしまうと言われています。

AGAの初期脱毛は額の生え際から始まり頭頂部に細い抜け毛が増えてきたり全体的に髪が抜けていったりと症状は様々で、進行にも個人差があります。ただし、AGAが自然治癒することはありません。

こういった毛が薄くなってきた初期脱毛の状態のうちに、クリニックなどの専門機関に相談しつつ治療を開始していくことが重要になるでしょう。

まとめ

5aリダクターゼが活発化してテストステロンがDHTに変化することで、ヘアサイクルが狂って髪の抜け毛が進むことをAGAと言います。

AGAには遺伝的な要素も多いですが、有効対策としては食事や睡眠等の日常生活における髪のケアも重要です。症状はどんどんと進んでしまうので、初期脱毛の段階で治療に取りくむことが必要になってきます。

髪の状態をチェックしながら自分自身でケアすることも大切ですが、育毛の専門機関等で遺伝的な要素をチェックして、それに基づいた治療をしていくことでより改善効果が現れやすくなると言われています。