FAGAについて

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

FAGAは女性に特徴的な抜け毛の症状です。AGA(男性型脱毛症)と同じく、男性ホルモンの影響で起こる抜け毛のことですが、発症のメカニズムが男性とは違うので、対処の仕方も異なってきます。

男性ホルモンは、男女どちらの体にも存在するものです。男性ホルモンは、頭部の物質と結びつくことで変化し、髪の成長を妨げる物質になってしまいます。女性は男性と比べて、男性ホルモンの量が少なく、また、普段は女性ホルモンが働くことによって、男性ホルモンの働きを抑制しているので、AGAのような症状にはならないのです。しかし、何らかの原因で女性ホルモンの量が減ってくると、男性ホルモンの働きを抑制することができず、抜け毛が増えてきます。

また、女性ホルモンにはもともと、髪の成長を助けたり、長い期間成長するようにする働きがあるので、女性ホルモンが減ることで、そうした働きが弱まるということもあります。つまり、FAGAの大きな原因の1つは女性ホルモンの減少ということになります。

FAGAの症状は、男性型脱毛症(AGA)のように、頭頂部や生え際が一気に後退していく、というような抜け方ではなく、全体がだんだん薄くなっていきます。そのため、髪のボリュームが減ったり、分け目が目立つようになって気づくことが多いようです。

FAGAの原因は?

前述の通り、FAGAが起こるのは、女性ホルモンの減少が最大の原因です。そして、女性ホルモンが減る一番の原因は加齢です。女性ホルモンは、赤ちゃんを産み、育てるための体の準備をするホルモンですから、女性の体がその役目を終えると徐々に減っていきます。

早い人では30代、普通は40代くらいから少しずつ減り始め、閉経を迎えると、ほとんど分泌されなくなります。そのため、閉経後の女性は抜け毛が急に増えるのです。肌のハリがなくなるのと同様、髪にも老化の兆しが現れます。

その他、出産や授乳を機に、ホルモン量が急激に変化し、抜け毛が増えることもあります。産後脱毛症とも呼ばれています。出産後は、疲れやストレス、環境の変化なども関わってくることがあります。産後すぐに髪が抜け始め、1ヶ月くらいでピークになることも多いです。

また、若い人でも、無理なダイエット等によって、ホルモンのバランスが崩れ、髪が抜けることもあります。ホルモンのバランスが崩れると、生理不順など、他の症状も起こります。

その他に、環境の変化やストレス、喫煙や飲酒、薬、栄養不足、食生活の乱れ、睡眠不足、夜更かし、過労など、体のバランスを崩し、ホルモン量の減少に繋がる要因はたくさんあります。一つの原因だけではなく、複数の要因が絡み合って起こることもあり、抜け毛を助長させる原因にもなってしまいます。

FAGA対策|自宅でできるケアは?

FAGAの対策として、自宅でできる最大の方法は育毛剤でしょう。 育毛剤の効果としては、育毛、脱毛の予防、発毛促進などが挙げられます。さまざまなタイプのものが売られています。最近では女性用の育毛剤も数が増えてきました。男性向けの育毛剤とは、成分も効果も違いますから、女性専用に作られた育毛剤の使用をおすすめします。

その他、髪に直接働きかけるケアとしては、シャンプーを変えることなどが挙げられます。頭皮に刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。髪の洗い方、シャンプーの仕方も見直してみると、髪に対するダメージが少なくなります。爪を立てて洗わない、2度洗いなど、髪に負担のかかるケアはやめる、ドライヤーの仕方を考える、など、注意点はいくつかあります。また、パーマやカラーリングなど、髪に負担のかかることを控えるのも大切でしょう。

髪や頭皮以外の対策として考えられるのは食生活や生活習慣の見直しです。体の内側から髪を元気に育てる条件を整えていくことになります。生活リズムを整え、健康的な生活をしていくことを考えれば、自然に体調も整い、髪が健やかに育つ環境も整ってきます。

また、女性ホルモンの減少を補う、という意味合いでは、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に取り入れることもおすすめです。普段の食事で豆腐や納豆などの大豆製品を取り入れるほか、サプリなどで補う方法もあります。

また、ストレスを減らし、前向きに明るい気持ちで暮らしていく工夫も必要です。リラックスできる時間を増やしたり、趣味を持つこともおすすめです。

以上、自宅でできる対策は、育毛剤を除いて比較的安価に行うことができます。髪を生やすことを積極的に進めるというよりも、髪に対するダメージを減らすこと、体や心の状態を整える、という対策が中心になります。

FAGAを病院で治療すると?

FAGAの治療を行っている病院も増えてきました。最近では、女性専門に治療を行っているところもあり、女性が入りやすい、相談しやすい雰囲気になっています。

治療の方法で一般的なのは薬によるものです。内服薬と外用薬の2種類があり、効果を高めるために併用していることが多いです。医薬品なので医師による処方が必要になり、診察を受けてから行います。1ヶ月に1度くらいの割合で通院し、薬を処方してもらいます。薬の効果が出るまでには半年から1年くらいはかかるので、その間、通院を止めないことが大切になります。

治療の方法としては、その他に、頭皮に直接薬液を注入する方法もあります。髪の成長を直接サポートすることができるので、効果が高く、比較的即効性があります。また、自分の髪を薄くなった部分に直接植え付ける植毛という方法もあります。治療は痛みのない方法で行われるので、安心して受けられます。

病院で受ける治療は効果が高く、数々の症例データのもと安全に治療してもらえるのが大きなメリットです。その分、費用がかかることも否めません。薬の服用でも月に1~3万円くらいはかかります。その他の治療では1回数万円~数十万円かかります。また、治療を途中で止めないことが大事なので、治療を始める前に医師やカウンセラーの説明をよく聞いて、疑問点や心配なところはしっかりと解消しておくことが大切です。

当サイトの意見としましては、FAGAにお悩みの場合は自分の判断でケアを進めるのではなく、病院で治療を開始するしないにかかわらず、女性の薄毛治療専門の病院に行き、無料カウンセリングを受けることを第一優先すべきと考えています。

今自分の置かれた状況がどのようなものか…客観的な意見を聞いたり、薄毛治療とは一体どのようなものなのかを解説してもらったりと…今まで見えなかったものが見えてくる機会となるはずです。